神経疾患

(勃起不全)を引き起こす神経の疾患

EDを引き起こしうる病気が様々であり、その中で中枢神経、末梢神経、血管性、内分泌性、消化器性、泌尿器性、精神性の主な病気グループを分析できます。今回はEDを引き起こす中枢神経の疾患と末梢神経の疾患を具体的に説明しましょう。

神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体に広がる末梢神経があります。これらの神経を介して脳は信号を陰茎に送りますから、正常な勃起のためには、神経が重要な役割を担います。

中枢神経の疾患より起こるED

ED(勃起不全)を引き起こす中枢神経の疾患で、脳血管障害、脳外傷、脳出血、脳腫瘍、パーキンソン病、アルツハイマー病、シャイ・ドレーガー症候群、脊椎脊髄疾患、脊髄損傷、椎間板ヘルニアなどがあります。上記の疾患の中で、自律神経障害を起こす疾患があり、EDの原因となります。

末梢神経の疾患と手術や外傷により起こるED

末梢神経に影響を与える骨盤内手術、経会陰手術、骨盤骨折、糖尿病、放射線治療のような要因もEDの理由になる場合があります。

骨盤骨折や脊椎損傷がEDの原因となる場合が少なくないです。外傷の場合で、神経反射機能や麻痺の程度によっては時間を要します。

また、あるお薬が中枢神経系、末梢神経系などへ影響していると考えられていますから、性的反応を調節する神経系がお薬から悪影響が与えられたとき、EDが引き起こされることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です